賢者の説得力ホーム韓国について韓国の気質

 

韓国の気質

隣国としてずっと付き合って
いかねばならない(?)韓国。
その気質は把握しておかなければならない。


●韓国人が世界のいたるところで文化摩擦を起こしている背景には、自己の持っている価値観が絶対的なものだという考え方があるからである。 

●1990年ころ、韓国の有力紙である「朝鮮日報」の論説委員が、韓国はいかにすぐれていて、日本がいかに劣っているかという話をした。日本にはノーベル賞をもらった人たちが何人かいるが、「李退渓」はいないではないかと言う。(李退渓=「東方の小朱子」と称される李朝の代表的儒者であり、朝鮮半島では大変偉大な人物として敬われている)
…このように二国間を比較するとき、自らの国内の偉人を持ち出してきて、おまえの国にはいないではないかと何のためらいもなく言う。
 《佐藤勝巳 「迫りくる『全体主義』の跫音」》



●朝鮮王朝時代に根付いた強固な血縁主義社会の「身内正義」の観念は、身内の利益のためには外部の者に対してどんな不法行為をやっても許されるという反倫理を生み出した。 
       《呉善花 「正論2008/1月号」》



●12月の野球北京五輪アジア予選の決勝リーグで、韓国は卑劣な手を使った…
野球の国際試合では慣例上、試合開始の1時間前に先発メンバーを主催者に知らせ、そこから相手チームとメディアに伝えるという紳士協定が存在する。この慣習については、試合の2日前、監督会議の席でも確認・合意がなされていたという。その一方、正式ルールでは、各チームが試合開始の10分前にメンバー表を提出し、1時間前に渡したメンバー表は特に拘束力を持たないとされている。

●ところが韓国チームは、先発投手(右から左投手)だけでなく、打順まで大幅に変更してきた。日本の先発がダルビッシュではなく、左腕の成瀬だと知ったため、右バッターを上位打線に揃えたのである。2つのメンバー表を見比べると、変化がなかったのはわずか3人だけという大入れ替え。一方の日本は、1人も変更なしだった。6年前の野球ワールドカップでも、韓国はアメリカ相手に同じ手を使った。アメリカは、なぜそんな汚い手を使うのか、と激怒した。
         《週刊新潮2007/12/13》



韓国人には、先天的に人がうまくいっているのが我慢ならないという習性がある。人が上に上がれば引きずりおろさないと気がすまない。

●日本人がモノマネの天才だという批判は、実にバカげたものだった。いったい我が民族が何をご立派に創造したことがあって、日本のことをモノマネの国だなんて決めつけられるのか。韓国こそ遅ればせながらモノマネで成功した国だ。

●日本が韓国より豊かで、韓国が日本より貧しい理由は簡単だ。日本が外国から取り入れた先進技術を後進国の立場で改善し、新型の技術を開発したのに対して、韓国は遅れを取っただけでなく、咳払いなんかしながら日本の模倣や応用を笑い物のタネにしかしてこなかったため、足踏み状態のレベルに留まったからだ。
   《チョ・ヨンナム
   「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」》



●韓国ではノーベル賞の自然科学部門では受賞者ゼロどころか候補者の名前すら聞かれない。そもそも先端技術の礎となる研究が行われておらず、政府も研究者も、いつ日の目を見るとも知れない地道な研究より、手っ取り早く成果が得られる商品開発ばかり優先しているからだ。
韓国特有の「パリパリ文化」(早く早くとスピードを重視する気質)の影響が感じられる。それでいて、相次ぐ日本のノーベル賞受賞を“カネで買った”などと中傷するのだから始末に負えない。

●生産・作業現場には韓国人の「ケンチャナヨ」精神が蔓延している。町工場に足を運べば、「ケンチャナヨ(細かいことは気にしない)」という言葉が頻繁に聞かれ、嫌でも覚えてしまう。

●「初の韓国産民間小型飛行機」と喧伝された「ナラオン」(KC100)は、エンジン、プロペラ、電子装備といった主要部品や炭素素材など、中身のほぼすべてが輸入品だった。
ところが、同機が試験飛行した様子を伝える中央日報の記事は「韓国の技術力と地位を世界に誇示」と自画自賛。同記事は「(航空産業は)すべての先端技術が集積された分野」「国の技術力を測る尺度」と書いている。裏返せば、重要部品に韓国産は使えないということにほかならない。最も成功したサムスンの製品さえ、中身は日本製ばかりなのである。
      《室谷克実 SAPIO 2013/12月号》



●韓国の「国教」ともいうべき儒教、それも朱子学は、明治維新の志士たちが好んで使った「大義名分」や「尊皇攘夷」のネタ元だが、問題はこの朱子学には極めて独善的で、外国の影響を徹底的に排除するという思想があることだ。つまり正しいことは全て自己の達成したものであり、悪いことは全て外国の影響であるという発想が、朱子学社会の根底にある。
    《井沢元彦
     「逆説の日本史11(戦国乱世編)」》



韓国出身(日本に帰化)の評論家・呉善花氏の著書虚言と虚飾の国・韓国(ワック)の目次…

第一章 自己中心的な民族
 ◇度を超えた民族中心主義
 ◇血縁集団の繁栄が第一
 ◇スポーツ国際試合は「愛国戦争」
 ◇日本人には無礼でも構わない 
 ◇反日民族主義と歴史の捏造
 ◇世界一優秀な民族でありたい 
 ◇科学にならない古代史学

第二章 「見かけ」重視と虚飾の文化
 ◇よそ者に内部の悪口を言ってはならない
 ◇敗北を認めたがらない文化
 ◇自分と違うものを受け入れない文化
 ◇不法を正当化しようとする文化
 ◇自分より劣るとみなした相手を蔑む
               成金的な性格
 ◇他人のせいにする習慣
 ◇不正をしてでも目的を達成すればよい
 ◇ことさら出身を重視する
 ◇自ら整形共和国と称する「見かけ」重視
 ◇「ありがとう」「ごめんなさい」を言わない

第三章 「嘘つき」と「虚勢」が大手を振る社会
 ◇「ノーベル賞間違いなし」の研究は捏造
 ◇嘘をついても責任をとらない社会
 ◇法廷で嘘の競演 
 ◇模倣をオリジナルと主張する大衆文化
第四章 崩壊する韓国社会
 ◇言論一つで社会的な抹殺状態へ追い込まれる 
 ◇人口当たりの強姦事件発生率は
              アメリカの約2倍
 ◇アメリカでは
      「最も距離を置きたい民族」第一位
 ◇世界で醜態をさらす「醜い韓国人」



●韓国人は「大国であってほしい」と「大国である」の区別がつかない可哀想なひとたちなので、言うことにいちいち腹を立てても意味がありません。
         《倉山満 SPA2013/11/5》



【韓国について】

韓国の反日
/それは劣等感の裏返し
韓国の嘘/願望が真実に
韓国の気質/わが民族は世界一なり
韓国への日本の援助/戦前も戦後も日本頼み