賢者の説得力ホームその他の問題細菌戦(731部隊)

 

細菌戦(731部隊)

日本軍には、国際法で禁じられている
細菌兵器を開発・人体実験した
「731部隊」という組織があり、
実際に日中戦争中に使用した、
ということになっている。


●石井部隊のルーツは、日露戦争直後に日本陸軍が設立した、伝染病の防御・統制を行う「野戦防疫部」である。その後、「防疫給水部」に再編されて、関東軍、北支軍、中支軍、南方軍などに置かれるが、このうちの関東軍防疫給水部(ハルビン)を指揮したのが、石井四郎軍医中将率いる第731部隊だった。

●生物・細菌兵器や化学兵器の使用はむしろ、中国人が元祖といえる。中国史には、皇帝・皇太子その他の政敵が毒殺される史例は数え切れない。

●日中戦争中も、中国軍によるBC(生物・化学)兵器攻撃には、コレラ菌、炭疽菌、赤痢菌、腸チフス菌、パラチフス菌などの細菌、砒素、昇汞、昇汞青酸、亜砒酸、アトロピン、硝酸ストリキニーネなどの毒物が使用された。

●よく取られた方法としては…
◇メリケン粉に砒素を混入したり
◇綿に浸した上で町中に撒布する
◇昇汞や昇汞青酸を井戸に投入する
◇亜砒酸を酒保(軍隊の売店)販売菓子に混入する
◇コレラ菌を西瓜や真桑瓜に注入したり
◇砒素を湯沸釜に入れるなど、実にさまざまである。

●終戦直後、アメリカ軍が石井中将はじめ同部隊幹部に対し行った聞き取り調査の報告は、機密文書「フェル・レポート」と「トムソン・レポート」に詳しく記録されている。

●同文書は15ヶ所にのぼるソ連の細菌兵器開発所の存在を明らかにしてはいても、巷間の伝聞である日本軍による「生体解剖」「凍傷実験」「中国人の大量虐殺」も、また「航空機による細菌撒布実験」も、これを裏付ける記述は一切ない。
  《黄文雄 「黄文雄の近現代史集中講座」》



【細菌戦の真相】

●朝日新聞(99年11月29日付)によれば、新華社通信は日本軍の細菌戦により「中国民衆に少なくとも27万人の死者が出た」と報じたという。ここで取り上げるコレラ菌散布事件は、十余人の中国抑留者が残した「供述書」にもとづく。

●事件というのはこうである。1943年9月、山東省臨清県一帯に雨が降り続き、近くを流れる運河は溢れんばかりに増水する。これを絶好の機会と、日本軍は農民を根こそぎ抹殺するため、コレラ菌を流し入れ堤防を決壊させる。

●この結果、20万人もの膨大な犠牲者を出したといい、堤防の決壊命令を出した将校、コレラ菌散布の命令を受けた将兵、コレラ菌を関係者に手渡したと供述した防疫給水班の下士官など、証言はそろっている。
 
だが、これは増水による自然決壊に便乗した作り話である。
「供述書」に名指しで堤防決壊を命じられたという中隊長は、「全く噴飯もので天地神明に誓って『ノウ』である。現存する本人がいうのだから間違いはない。そのような話は聞いたこともない。命令を受けたことも絶対にない。一事が万事である」と答えた。決壊を兵に命じたという別の中隊長は「堤を切り崩させた等、とんでもない嘘で笑止千万」といい、逆に決壊を防ごうとしたのだと主張する。

…その他、根も葉もない虚偽だとする多くの証言を私は得ている。事実だとする抑留者十余人の証言が一致していることは、抑留者に対する中国の洗脳的ともいうべき苛酷な取調べ方法(とくに「グループ認罪」)を見れば別に不思議なことではなく、むしろ当然ともいえる。

●山東省の抗日戦争の研究者が、旧日本軍の細菌戦について日本政府に損害賠償を請求している被害者の原告に、「あなたが何人死亡と言えば、それが(実際の)死者数だ」と言ったそうだ。こういうあきれた姿勢で何ができるというのか。
     《王綿思(中国抗日戦争史学会)
            産経新聞2005/9/2》


●当時の満州は衛生環境がすこぶる劣悪で、蚤・虱・南京虫が跋扈し、それが仲介するペストも猖獗を極め、奉天監獄では囚人の3割から4割はペストで死亡した。(東京世田谷・井上彬氏の指摘)
とすれば、ペストの流行は日常茶飯事であり、それがすなわち日本軍の細菌戦の証拠にならないのは自明の理ではないか。

●そもそも細菌戦を占領地で実施するのは、危険極まりない。それは占領軍自体にも感染する危険があるからだ。だから細菌戦は全く適地で行うのが常識である。
「中国浙江省崇山村は日本軍の細菌戦で村民の三分の一が殺されたとして、損害賠償を提訴している」(朝日新聞報道97年8月13日)

       ⇓⇓⇓この訴えは本当か?

村が日本軍の占領地域に入っていたことは、ペスト蔓延を知った日本軍が防疫のためにやってきたことからも明らかだ。

●日本軍は村民を家から追い出し、家を焼き払ったといい、それも加害行為の1つとされているが、それは防疫の徹底のためではないか。乱暴な手段ではあるが、消毒液や鼠駆除剤が不足している場合ありうる手法ではないのか。意味もなく占領地の住民の家を焼いたところで、反感を買うだけで何の得にもならないからだ。
 《稲垣武 「『悪魔祓い』の現在史」
  他の著書「このヒジョ-シキが日本を滅ぼす」》



●731部隊が、細菌兵器などの研究に特化された部隊だったのは本当なのか。
日本軍が中国戦線で最も悩まされたのは、中国軍の攻撃よりも、不衛生きわまりない環境であり風土病・伝染病だった。ペスト・マラリア・赤痢・コレラ・梅毒・腸チフスと、感染症ならなんでもあり(今もあまり変わらないが)、日本軍の戦傷病死者は戦死者を上回っている。だから日本軍は防疫に力を注がなくてはならなかった。また中国の生水は飲めない。そこで設けられたのが給水部隊だった。

●石井部隊の元幹部だった医師・佐々木義孝氏…「(死刑囚の生体実験は)せいぜい一週間に二人ぐらい。あくまで細菌戦に必要な生体実験と、その結果必要な専門家による死体解剖」だけを行い、「人為的に伝染病を起こすことは不可能だった」と語っている。
   《黄文雄 「日中戦争知られざる真実」
          他の著書「真実の中国史」》


中国軍による毒ガス戦の事例も13件、毒物投入の事例は20件、細菌戦は9件あった。
例えば、昭和12年9月7日、宝山城付近にて中国軍はコレラ菌を井戸に投入し、そのため井戸水を飲んだ日本軍及び中国人民数十人が罹患している。

●また、昭和13年7月26日、九江においても同様の理由で日本軍129名、中国人民500名の罹患者を出している。これらは「軍制部兵士署理化研究所において研究・製造が行われた。 
       《勝岡寛次 SAPIO2001/8/8号》



●731部隊の毒ガス化学兵器実験などという宣伝も、日本共産党系の人物が左翼シンパの作家・森村誠一に怪しげな資料を持ち込んで、「悪魔の飽食」という嘘宣伝キャンペーンを開始させた。
        《宮崎正弘 正論2005/8月号》



●ヒトはちょっと売れるとなぜか社会派を目指す。
推理作家森村誠一もそれで「悪魔の飽食」を書いた。731部隊は人体実験をやったと。それが日共のでっち上げと分かって大恥をかいた。
        《折節の記 正論2013/8月号》



     



朝鮮戦争のとき、国連軍が細菌戦を行った、という宣伝がどんなに広く行き渡ったか。
        《曽野明 産経新聞2009/11/15》


●中国は古代からペストの伝染地で、世界的に流行したペストの殆どは地発のものだった。ネズミは人口の3倍近くもいるという。 
《黄文雄 「中国が死んでも日本に勝てない7つの理由」》


●中国政府が出した「中国歴史教師教学用書」という教え方のマニュアルの中で、731部隊について生体実験を行っている現場の写真と、被害者の遺体を焼却した「焼人炉」との2枚の画像を用いて教えよ、と書かれている。

●ところが、前者の生きた中国人女性に細菌を使った事件をしているとされた写真は、じつは1928年の済南事件で中国国民党に虐殺された日本人女性被害者の写真なのである。このような捏造写真をもって、日本への恨みを増幅させているのが、現在の中国の歴史教育の実態である。
    《櫻井よしこ 「日中韓歴史大論争」》


先の大戦でどの国も毒ガス弾は作らなかったが、米国だけは作った。1943年、アドリア海の港バーリでドイツ機の空襲を受けた米貨物船ジョン・ハーベイ号からマスタード・ガスが漏出し、米兵を含む83人が死んでいる。この世でまだ毒ガスを商っている国がある。口ではきれいごとを並べながら。
     《高山正之 週刊新潮2014/12/25》



●国民党の毒ガス使用は、朝日が報道しているのだ。
1937年10月20日「毒ガス弾下を衝く、人馬・マスクで進撃」とか、同12月12日の一面では「不法!毒ガスで逆襲」で、「この夜襲戦で断末魔の敵はいよいよ本格的毒ガスを以て抗戦し来れること明らかとなった」と報道している。
       《水間政憲 正論2007/4月号》






 【その他の問題】
朝鮮人強制連行/単なる出稼ぎ
細菌戦(731部隊)/単なる防疫行為
百人斬り競争/単なる作られた武勇伝
バターン死の行進/何のことはない米兵捕虜のわがまま
関東大震災後の朝鮮人虐殺/デマというデマ