賢者の説得力ホーム日本と世界の蛮行比較

サイト内マップ
自虐年表

 

日本と世界の
蛮行比較

“凶悪な”日本と、“正義で良識ある”世界が近代においてどれほど差があったのか。
日本だけがよほど悪いことをしたのだと言われるが…比較してみました。

日本悪玉論のパターンも必見!



《植民地?支配》
日韓併合の場合は「植民地」といえるのかはさておいて…
日本の「悪事」 日本の真実 他国では欧米植民地の残虐さ参照)
朝鮮や台湾
などの
植民地の人々
に酷いことした


参考:朝鮮半島での日本の統治
●日帝が両班階級による横暴を取り締まったので、民衆の生活は楽になった。民衆の側から見れば、李朝時代よりも日本統治時代のほうが、生活があらゆる面でよくなったから、対日感情は決して悪いものではなかったのである。だから、独立運動が広範な支持を受けることがなかった。《朴泰赫》

●日本統治時代を体験している父親から、「生徒に体罰を与えるのは朝鮮人の先生であり、日本人の先生は体罰をしないどころか、むしろ止める側だった」と聞かされた。《金智羽》

●日本併合後、人口は1千万人から2千5百万人に増加し、
平均寿命が24才から45才に上がった。《金完燮》
●オーストラリアでの20世紀に入ってからの公式記録に、「週末の狩りの成果は、狐8匹、アボリジニを6匹」という記述が残っている。どうやらアボリジニ狩りは、1930年代ぐらいまであったらしい。《秦郁彦》

●韓国併合時代、列強はどんなことをしていたか…
◇イギリス…オーストラリアのタスマニア人(3千人以上)を皆殺しにしている。
◇ドイツ…ユダヤ人のジェノサイドを試みる。
◇アメリカ…奴隷の売買をしたり、買ってきた奴隷と白人とを結ばせ、子供を産ませて大儲けしたりしていた。(奴隷牧場)
…これらに対して日本は、35年の朝鮮統治を通じて、民衆を獣以下の扱いにしたことは一度もない。《小室直樹》

●オランダのインドネシアに行った植民地政策は、愚民政策・貧民政策だった。そのため貧困にあえぐインドネシア人の
平均寿命は、35才にまで低下したといわれる。《藤岡信勝》
日本は
韓国から
あらゆるもの
を搾取し
韓国の発展を
遅らせた


参考:韓国の発展
●ハーバード大学コリア・インスティチュート所長カーター・J・エッカートは、「韓国財閥の上位50グループの創始者のうち、実に60%近くが植民地時代に何らかのビジネス体験をしていた」と指摘し、統治下時代の「工業化が今日の韓国経済の形成に果たした役割はきわめて重要である。良し悪しは別として、植民地支配が朝鮮の産業を発展させた『触媒』であり、『揺り籠』であったことは間違いない」と強調する。《ジョージ・アキタ》

金大中は日本の国会での演説で、韓国大統領としてはじめて、韓国の発展は日本のおかげでもあると認めた。
●一般的に宗主国にとって植民地とは、原料の供給基地と工業製品の市場の意味しかなかった。(これは永遠の搾取を意味する) ヨーロッパ人は植民地の自主的な産業発展を阻止した。どんな低次元のものであれ、産業といえるものが育たないようにした。《金完燮》

●インドは昔から木綿産業が盛んだったが、産業革命が起きると、イギリスから木綿が圧倒的に安い値段で入ってくるようになった。
インドで木綿を作って生活している何百万人という人たちが、これにより生活できなくなった。普通の独立国だったら、国は農民を保護するために輸入制限をしたり、関税をかけなければならない。しかし、輸入を拒否したくてもできないのが植民地だ。
その上、イギリス政府は木綿を作りにくくするために、木綿の作り手たちを何万人も集めて、その手首を切り落とした!インドの木綿工はそのまま仕事がなくなって、餓死してしまった。ベンガルからインド洋まで、何百万人という白骨が並んだと伝えられている。《福田和也》
日本は
韓国から
言葉や文字を
奪うなど
人々を愚民化
させた


参考:朝鮮での教育
●日本の総督府は、学校を可能な限り朝鮮全土に設置する方針をかため、1943年には小学校は4,271校、就学児童は日本人が約10万人・朝鮮人が約194万人に達していた。(保護国とする1905年以前はわずか9校、それも首都の漢城にしかなく、入学者数は合計187名だった)《石井竜生 井原まなみ》

●ハングルは15世紀に作られた人工語だが、それまで漢字漢文を正書とする両班から軽蔑され相手にされない文字であったたがために、実用化に至っていなかった。日本総督府時代が初めてハングルを普及させ小学校教育に導入した。《西尾幹二》
●帝国主義時代のイギリスは、アジア・アフリカ諸国の人々を劣等人種と見なしていた。だから、自由・民主主義・市場経済・法の支配などの西欧的価値観を植民地に輸出しようとは考えなかった。《佐藤優》

●ベトナムなどは植民地統治の結果、固有の文字がなくなって全部ローマ字になっている。《三宅久之》

●ビルマ人は5,6歳で仏門に入る風習もあって70%の識字率があったが、フランス植民地化の後はそれが数%にまで落ちた。《高山正之》
日本は韓国人を
徹底的に差別した


参考:朝鮮半島での日本の統治
●日本は韓国を併合したのであって、植民地にしたのとは違う。併合というのは、日本人と同じ待遇にするということ。《屋山太郎》

●特権階級の両班の下で人間扱いされなかった常人、奴婢への差別を日本は撤廃している。《高山正之》

●コリア人でも軍隊内で昇進できた。(洪中将・朴元大統領は関東軍の中尉、など)
このことは世界的に見れば極めて異例。例えばイギリス軍ではインド人がイギリス人に命令を下すことはなかったし、アメリカ軍でも有色人種は白人に命令できなかった。
ところが日本軍ではコリア人であろうが台湾人であろうが、将校になれば兵隊はその上官の命令に従わなければならない。《渡部昇一》

●朝鮮人の朴春琴は、1932年の衆院選挙に立候補して当選している。(日本風の名前を名乗らずに) 原則的には日本国民として選挙権も被選挙権さえも持っていた。《呉智英》
●西欧諸国がつくりあげた「植民地」とは… 白人が主人で、ほかの人たちは奴隷に準ずる存在と考えればいいだろう。《渡部昇一》

●インドネシア人は、宗主国のオランダ人から家畜よりひどい存在として扱われていた…
◇鞭打ち・平手打ちは当たり前だった。
◇粗相をした2人の女性を裸にして、オランダ人農場主がベルトで鞭打ち、さらに裂けた傷口や局部にトウガラシ粉をすりこんで、木の杭に縛りつけて見せしめにした。
《前野徹》

●植民地時代の、まだ電気による扇風機のない時代のイギリス人は、寝室の天上に取り付けた巨大な団扇を室外から紐を引いて作動させるようにして、原住民の少年に終夜団扇を動かさせたという。《三浦朱門》
 


《戦場での凶行》

日本の「悪事」 日本の真実 他国では
凶暴な日本軍は
アジアの各地で
住民を虐殺した


参考:親日のアジア
  
●苛斂誅求にあっていた中国の民衆は、常に古い支配者より新しい支配者に期待する。だから日本軍であれ、共産党軍であれ、勝者は民衆から歓迎される。特に軍紀の厳正な日本軍は、略奪をしないどころか治安維持をしてくれるということで、中国民衆は驚き、また熱烈に歓迎したのだ。《黄文雄》

●日本軍占領地域は軍紀厳正であったので、ここは日本軍の占領地域だということを示すため、現地の中国人がみんな自分の家の前に日章旗を立てるということもあった。それを見た日本の師団長が「勝手に日章旗を立てないでくれ」と禁止をしている。《岡崎久彦》

●日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのはいったい誰のおかげであるのか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったがためである。
12月8日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大な決意をされた日である。さらに8月15日は我々の大切なお母さんが病の床に伏した日である。我々はこの二つの日を忘れてはならない。《タイ元首相ククリット・プラモート》
●支那事変における最大悲劇の1つは、黄河決壊事件だろう。蒋介石は武漢へと南下してくる日本軍の進撃を食い止めるために、1938年6月黄河堤防を2ヵ所、砲撃で破壊した。これによって水死者100万人、その他の被害者600万人を出したとされている。(日本軍は事件直後、堤防の修復作業のほか、被災民の救助や防疫作業を行っている)

●1938年1月12日、本軍の攻略が目前に迫った湖南省長沙では、城内の焼き払いが行われ、城民20万人以上が死亡した。…敵から我が身を守るためなら、中国軍は水攻め・火攻めという方法で住民を巻き添えにする。《黄文雄》

●日本の敗戦後、列強は日本によって解放されたアジアの旧植民地を取り戻すべく、軍事力を携えて戻ってきた。
しかし旧日本軍によって育成されたアジアの民は徹底抗戦し、独立を勝ち取っていった。
日本軍は南京で
30万人の市民を
虐殺した


参考:南京大虐殺
●「大虐殺」後に南京の人口が増えている/当時は中国政府も「大虐殺」を訴えていない/南京に大勢いた世界中のジャーナリストも抗議していない/東京裁判でも確実に殺されたという人数は1人だけ
…など、疑問点が無数にある。
●人類史上最も非人道的と言ってよい、無辜の市民への二度にわたる原爆投下は、人道のチャンピオンたるアメリカにとって、思い出したくない悪夢中の悪夢である。
これを正当化するには、日本が一方的に悪かった、自分たちは劣悪邪悪な戦前日本のありとあらゆる桎梏から日本人民を解放してやった、と考えるしかない。極東裁判も同じ趣意であった。《藤原正彦》

広島が死んだ日、原爆をつくった科学者たちはパーティーに興じた。設計通りに爆発したことのお祝いである。(『父が子に教える昭和史』)

●もしも戦争を早く終わらせたのであれば、広島だけで済むはずであって、それを3日後の長崎になぜ落とす必要があったのか。しかも広島と長崎の原爆は型が違い、それぞれウラン型とプルトニウム型を分けて使った。科学実験というのは、1回の実験では実験にならない。最低でも2回行ってその結果を比較しないと、科学実験とはいえない。ここにありありと人体実験であった証拠があらわれている。《青山繁晴》

●東京大空襲がどれだけひどかったか。
アメリカ軍は日本人、それも軍人ではなく女子供を含む民間人をできるだけたくさん殺すために、東京の下町で木造の民家密集地である墨田区や浅草を狙った。どうやったら日本人を効果的に殺せるかを考え、日本家屋の作れる日系人の職人たちをハワイから大量に呼び寄せてアメリカの砂漠に日本の木造家屋を作り、焼夷爆弾を使って焼きつくす「予行演習」までしていたのである。《百田尚樹》

●ホロコーストは戦争犯罪ではない。確かにナチス・ドイツが軍事的な征服を繰り返すことによって、ホロコーストの被害領域が広がったことは間違いない。
しかし
ホロコーストがドイツで始まったのは戦時下ではない。平時の選挙において政権を取得した政党が、ドイツ国民の支持のもとに始めた政策だったのである。…ここにホロコーストの本当の恐ろしさがある。《井沢元彦》
日本軍は
韓国人女性を
強制連行し
従軍慰安婦という
性奴隷にした


参考:従軍慰安婦
●休日ともなると、慰安婦たちが営門のそばや沿道にきて、兵隊たちを待っている。兵隊がやってくると、慰安婦たちはいそいそと近づき、袖を引いて慰安所に連れていく。
…むしろ慰安婦側で店を構えて日本軍を待っていたというのが実態である。《相川平松》

●慰安所における彼女たちの生活状況については、第三者の調査による信頼度の高い情報源として、北ビルマで捕らえられた朝鮮人慰安婦に対する米軍報告書から要点を引用してみよう…
◇「欲しい物品を購入するお金はたっぷりもらっていたので、彼女たちの暮らし向きはよかった」
◇「将兵と一緒にスポーツ行事に参加して楽しくすごし、またピクニック、演芸会、夕食会に出席した。彼女たちは蓄音機をもっていたし、都会では買い物に出かけることが許された」
◇「慰安婦は接客を断る権利を認められていた」
◇「(借金を返済した)慰安婦は朝鮮に帰ることを許された」
◇「(兵士からの)結婚申し込みの事例はたくさんあり」
◇「稼ぎの総額の50ないし60%を受け取って…慰安婦は楼主に(月額1,500円のうち)750円を渡していた」

何よりも月収750円といえば、兵士の約70倍、日赤看護婦の約10倍、ビルマ方面軍司令官(年俸5,800円)よりも高く、内閣総理大臣(9,600円)とほぼ同額の高額所得者だ。それを性奴隷と呼ぶのは失礼ではあるまいか。《秦郁彦》
●ソ連軍がベルリンへ攻め込んだ時、ドイツの女性を強姦してスラブ人を生ませるということをやった。満州でも日本女性に対して同じことを行った。従軍慰安婦は連れてこなかった。負けた国の女性は混血児を産め!である。《日下公人》

●ナチス・ドイツは、アウシュビッツのユダヤ人収容所に、そのユダヤ人のための慰安所を設置した。《呉智英》

●現在、国連のPKO部隊(平和維持活動)もアフリカで少女への性的虐待を起こし、避難民少女を売春していた。世界に展開するPKOの殆どで性的虐待を起こしているという。《青山昌史》

●軍隊のあるところ、酒と女と博打はつきものだ。ベトナム戦争では韓国軍の兵営の近くにベトナム人の慰安婦は大勢いた。今ベトナムには、韓越混血児が1万人もいる。《高山正之》

●韓国とフィリピンの間にも人道的な問題が発生している。少なくとも4千人以上の未成年のフィリピン人の娘たちが、韓国にある米軍基地近くの赤線地帯の売春宿に売られて来ているのである。(2000年)《曽野綾子》

●ベトナム戦争中の米軍慰安婦については、スーザン・ブラウンミラー(米人女性ジャーナリスト)の「Against Our Will」(1975年)に詳細なルポがある…
「鉄条網で囲まれた公認の軍用売春宿では60人のベトナム女性が住み込み…1日に8人から10人をこなす。料金は500ピアストルで、女性の手取りは200ピアストル、残りは経営者が取った。彼女たちを集めたのは地方のボスでペンタゴンも黙認、女たちは週ごとに軍医の検診を受け…」
→日本軍の慰安所と瓜二つではないか。《秦郁彦》

もしも性奴隷が問題だと言うのであれば、脱北女性が中国の農村に売られて、鉄の鎖を付けられて一家の男たちのセックスの相手をさせられるような状況にこそ目を向けるべきだろう。過酷な社会体制の北朝鮮から逃げる人は後を絶たない。中国政府は脱北者を難民として認定しないどころか強制送還している。目の前にいる性奴隷の問題に取り組まず、60年以上前の証明もされていないことをホロコーストだと言っている中国共産党や北朝鮮労働党こそ、けしからん存在である。《西岡力》
 







《番外編①》

日本の「悪事」 日本の真実 他国では
捕 鯨 ●日本における捕鯨は、縄文時代から続いている。
食糧としてだけではなく、骨(銛や肥料として)、ひげ(釣竿など)、油(害虫防除用)など、1頭のクジラを余すところなく利用していた。

●これだけ用途の広いクジラに対して、感謝や追悼をあらわす文化も日本にはある。また鯨神社など信仰の対象としているところも存在する。
●アメリカ人は鯨をほぼ絶滅させた。舷側に吊るして、リンゴを剥く要領で皮下脂肪層を生きながら剥ぎ取り、海に捨てた。

●彼らは歯止めを知らない。大西洋の鯨を取り尽くすと太平洋に出て乱獲し、日本海にまで入り込んだ。鯨油はきめが細かく、加えてどんな寒冷地でも凍ることがなかった。ために最高の潤滑油として米自動車産業界は20世紀後半まで最大の顧客だった。

●ただ、70年代には安い合成油に取って代わられ、同時に米国は反捕鯨に転じた。主張は「人類に近い高等生物を殺すな」。
でも昨日まで人類の方をさんざ殺してきた米国が言うのもなんかヘンだ。 《高山正之》


以上を見ていくと、他国は日本よりはるかに凶悪きわまりないことがわかる。
百歩譲っても、「日本が一番残虐だ」ということには到底言えない。
それも、日本の「蛮行」はほとんど嘘のプロパガンダ。
普通の日本人の感覚なら、こんな残虐なことを同じ日本人がするとは思えないだろう。
世界各国が日本を非難する資格はあるのか。

「だからといって日本の行為が許されるわけではない」と朝日新聞や左翼などごく少数の人間は言う。
であれば、他国はどうしているのか。
お互いに過去の出来事を罵り合って、果てしない中傷合戦を繰り広げているのか?
現状はそうではない。
そんな大人気ないことをしていても、なんら建設的ではないということを知っているからである。
あるいは「自国の悪行をあえてさらしてどうする」という世界常識のためかもしれない。

その「自国の悪行」をあえてさらしている、というよりも捏造してまでも「日本は悪い国だった」と
世界中に宣伝しまわっているのが
なんと日本の新聞(なのだろう)である朝日新聞なのだ。
こんな異常なメディアが世界のどこにあろうか。


また「ドイツの反省態度を見習え」とも言う。
「見習え」ということは、日本とナチス・ドイツが同等の凶行を働いたという前提だろう。
本文で井沢元彦氏が言うように、ナチスのユダヤ人虐殺は戦争とは関係ない。
戦争があろうがなかろうが、ドイツ政府は政策としてユダヤ人の抹殺を図ったのである。
この世界史に残る凶行を、日本軍の戦闘過程での行為(それもプロパガンダだが千歩譲って)
と同列に扱うことに悪意を感じる。
日本は決して中国人やアジア人の根絶など考えもしなかった。当たり前である。

詳しくは本サイトの賢者の主張をご覧下さい。まだまだ書き足りないので、随時更新していきます。

 


《番外編②》

日本の「悪事」 日本では(といっても朝日や左翼の主張) 他国では
集団的自衛権の行使 ●日本が集団的自衛権の行使をすると、侵略戦争をおっぱじめる。
●世界中、どこの国でも集団的自衛権の行使は容認されているし、現に行使もしている。(スイスのみが永世中立国で例外)
特定秘密保護法の制定 ●特定秘密保護法は、戦前の暗黒時代のように国民を不幸のどん底に追いやり、戦争につながる。
●世界中、どこの国にもスパイ防止法などの秘密を保全する法律は存在し、それを犯したときの最高刑は死刑という国も少なくない。
憲法改正
●日本国憲法を改正すると、戦争になる。

●こんな憲法、世界中探してもどこにもない。
国旗・国歌の強要
●強要は思想信条の自由を犯し、戦争になる。

●あたりまえ。
誇れる歴史の記述
●戦争になる。

●世界ではあたりまえ。
戦死者を首相が慰霊
●戦争になる。

●だから、世界じゃあたりまえだって!
愛国心を持つ
●絶対、戦争になる。

●いいかげんにしろ!

以上が朝日新聞がおっしゃる「危険な右傾化」らしい。
だとしたら、今回のサッカーワールドカップ出場国のイングランドもフランスも、ドイツやスペインも、
コートジボワールもアルゼンチンも、そして開催国のブラジルも、もちろんお隣の韓国も、
み~んな「危険きわまりない国」ということになってしまう。大変怖いワールドカップとなる。

…そんなバカなことがあるか!
世界中の常識を日本が取り入れるだけで危険視する朝日の“優秀”な記者さんたちよ、
この現実をどうとらえたらいいのか。“説明責任”を果たしてくれ。

 


反日プロパガンダ撃退サイト【賢者の説得力】 案内図


賢者の説得力 トップページ


プロパガンダの四大発信元
朝日新聞  中国  国内の反日勢力  韓国

プロパガンダの作られ方
プロパガンダとは
朝日新聞の卑怯な手口(必見!)

日本近代史の年表
右派と左派の歴史認識比較表
日本悪玉論

そんなに日本が悪いのか
日本と世界の蛮行比較

個別歴史問題
日韓併合 満州事変 日中戦争 南京大虐殺 日米開戦 アジア侵略 従軍慰安婦 沖縄集団自決
戦争責任 東京裁判 靖国参拝 その他の問題 憲法論議 共産主義の脅威 軍部について
自虐史観 日本人の被害 国旗・国歌 日本人とは 大局的視点 管理者の愚見

反日メディアの二枚舌物語
ぼくの継父

このページの先頭へ   サイトマップ