賢者の説得力ホーム満州事変満州と日本人

 

満州と日本人

日本人が勝手に入植し、
関東軍という軍隊まで駐留させて、
中国の領土である満州を
掠め取ったとされているが…


アジア地図


満州族が中国を支配していた時代(清)は、中国人は中国と満州は別の場所だと言っていた。しかし清が倒れて中華民国が成立すると、一緒だと言い始めた。
      ※管理者注…尖閣問題とそっくり!

●清国は満州に中国の人が住むのを許さなかった。もともと狩猟民族だった満州族は、自分で農耕をしなかったから、中国人や朝鮮人を奴隷として使う満州人経営の農園以外は、殆ど荒野として取り残されていた。

●そこに北からロシアが侵入してきた。そのもともとの目的は、シベリア鉄道を日本海まで貫通させるためだったが、それだけでは満足せず、南下をして大連まで鉄道を作りそこに大きな港を建設した。(そして朝鮮半島まで狙うようになったことが、日露戦争の原因となった) ロシアは膨大な荒野に、忽然とモダンな近代都市を作り上げた。
       《福田和也 「魂の昭和史」》


●日露戦争が起こり、日本が満州に乗り込んでくる。日本もロシアに負けじと巨額の投資をした。満州には、そういう国際的フロンティアみたいなところがあった。   
 
●満州という土地そのものが、ある意味で誰のものでもないという、茫然とした性格を元来もっていた。(立場・視点によって姿を変える相対的なもの)
  《福田和也
   「地ひらく(上)」「地ひらく(下)」》



●国民政府は満州は中国の一部だと主張したが、日清戦争以前の清朝時代、満州は完全にロシアに占拠されていた。当時清の官吏が満州の町に行くときは、ロシアの査証が必要だったという事実もある。そのロシアを追っ払ったのは日本である。当然日本にはそれなりの権益があり、逆に国民政府が自国領だという根拠は殆どない。
   《渡部昇一 岡崎久彦
       「諸君! 2002/11月号」》


当時の満州は「ノーマンズ・ランド」で無主の地である、と欧米ではいわれていた。


●日本が満州と直接関わるのは、日露戦争から。当時の満州は、北清事変に乗じて軍隊を送り込み居座ったロシアの支配下にあった。そのロシアと日本が戦い、文字通り血と汗を流して満州から追い払って清国に返してあげた。そして遼東半島の租借と満鉄の権利という、非常に慎ましやかな代償を受け取ったわけである。
      《渡部昇一 歴史街道2006/4月号》


●満州事変前の満州の総人口は約3千万で、漢人が80%を占めていた。満州の面積は台湾・朝鮮・樺太を含めた当時の日本の約1.5倍(内地の3倍)だが、人口は約1/3という状態だった。せまい国土に人口が満ちあふれた日本本土にとっては、理想的なはけ口だった。

●満州における「特殊権益」は、日露戦争で日本が勝った結果、講和条約に基づいてロシア帝国政府が清国政府の承認を得て、日本帝国政府に移転譲渡した各種の権利と、特権及びそれ以後に清国政府との協約で日本が得た諸権益のこと。

●「関東」=関所の東という意味で、万里の長城の起点・山海関(満州の入口)以東の地、満州のことである。そのうち関東州は、大連・旅順のある遼東半島の南西端にある日本の租借地だった。

●関東軍の任務は、関東州と満鉄の保護で、当初兵力は1個師団約1万余名であった。それが後年、極東ソ連軍の増強に伴い関東軍も増強されて、日本の国防第一線部隊となった。その基本には、ソ連を仮想敵国とした陸軍の国防戦略があった。日本が満州に異常な執着を示したのはそのためであった。
 《益井康一 「日本はなぜ戦争を始めたのか」》


●満鉄(南満州鉄道)は株式会社組織で、日本政府が株の半分を所有していて、総裁以下役員の人事権を握っていたが、残り半分は誰でも持つことができた。

●炭鉱や鉄鉱石の鉱山の権利も、鉄道に付属するものとして獲得した。そうでなければ何ひとつつくれなかった。鉄道が開通すれば、それはあらゆる経済活動の中心になる。収穫した農産物の輸送が楽になり、よく売れるようになるから、周辺には農地がどんどん開拓される。農民の人口が増え交易が盛んになると、町も栄える。
 《長谷川慶太郎 「歴史頭脳を持っているか」
     他の著書「日本は「環境力」で勝つ」》


●諸外国も、日本が満州に特殊な権益を持っていることは認めていた。イギリスも日本の満州権益については国民政府(中国)に働きかけたり、衝突を避けるためにかなり熱心で好意的だった。
       《北村稔 Voice2007/8月号》


●当時日本国内では、政府の「混みあいますから満州へ」のスローガンのもと、新天地での可能性を求めて満州へ人々は出発していった。
 《田原総一朗 「日本の戦争」
  他の著書「誰もが書かなかった日本の戦争」》


●中国人人口がいかに増えても、満州人やモンゴル人の土地に漢人農民が流入したのであって、中国政府が統治していた中国、という観念は当てはまらない。
      《宮脇淳子 諸君! 2006/2月号》


●辛亥革命で清朝が倒れたとき、孫文は「中華民国は清朝の支配地を全て受け継ぐ」とした。これは漢民族による侵略と植民地化の宣言といってもよい。漢民族の中華民国は、独立した蒙古やチベットに軍隊を送って抑え込んだし、長城以北の満州も漢民族国家の領土として取り込もうとした。
これをたとえれば、ソ連が崩壊したときに、独立したウクライナやバルト三国へ「旧ソ連の地域は全部ロシアだ」といって軍隊を送り独立を潰すようなもの。
     《中西輝政 歴史街道2006/4月号》



満州事変前、中国は、満州に対して何一つ建設的な事業をしてこなかった。たとえば、満州国が行ったアヘン断禁政策(終戦までに阿片中毒者60万人を完治した)が、中国政府や張学良政権にできたか。張自身が阿片中毒者であったではないか。
        《中村粲 正論2002/2月号》


 
【満州事変】
満州と日本人/日本人の満州移住は全て合法
満州の状態/中国人さえ立ち入らなかった無主の地
張作霖暗殺/その原因と真犯人はソ連という説
満州での排日活動/現在の中国と同様の狼藉
満州事変勃発/それは戦争の原因ではなく結果だった
満州国建国/皇帝も民衆も望んだ建国
リットン調査団/日本を弁護していた報告書
満州の日本統治時代/世界が評価した近代化
華北分離/中国からの煽動